日別アーカイブ: 2014年7月22日

Kalafinaのミニライブへ

日曜日の午後、ラゾーナ川崎でKalafinaのベストアルバム記念のミニライブがあるというので、仕事の前に立ち寄った。
連休中ということもあって、川崎駅〜ラゾーナにかけては大変な混み合いだった。
(いつものことかもしれませんが)

20140720-

14時スタートとあったので、余裕をもって優雅に13時半頃到着すると、ちょうどリハーサルがはじまるようでステージにメンバーの3人が現れた。これまで3度、ラゾーナ川崎で彼女たちのイベントを観ているが、本番の前に必ずリハーサルがある(生歌のため)。ミニライブの本番の時間はあっという間なのだが、リハーサルから聞くと倍楽しめるのだ。

本番で予定されているであろう3曲を途中まで歌い、一旦止めて確認する。そしてまた歌う。どの曲もワンコーラス程度なのかと思ったが、最後に歌った新曲「heavenly blue」だけはリハーサルで最後まで歌いきり、待っていたお客さんから拍手が起こった(そしてそのあともう一度ワンコーラス歌った)
ウォーミングアップが進んで暖まっていく経過がはっきりとお客さん側からもわかる、面白い。

気がつくと20分以上リハーサルをしていて、一旦ステージ袖に引いて注意事項などの説明があり、すぐに本番になった。

20140720--2

リハーサルから本番まで殆ど時間は経過していないし、歌う曲は同じなんだけど場の空気はガラリと変わる。
この日は3曲。
oblivious / 輝く空の静寂には / heavenly blue

ライブに数度足を運んでいるのにデビュー曲の「oblivious」をライブで聞いたのはこれがはじめて。
ベスト盤のイベントに相応しい選曲だったと思う。

いかにも夜な「輝く空の静寂には」をしっとりとお昼に聞くのも悪くない。アルバム「EDEN」のなかでは一番好きな曲だったので、こういうイベントで聞けるとは……本当にお得じゃないか。

そして最後の「heavenly blue」は気迫。CDではさらっと流す程度でしか聞いていなかったが、こうして生の歌声をきいてビシっと曲を捉えた感じ。特に中盤以降の3人梶浦語によるコーラスからはゾクゾクしっぱなし。

限られた時間ではあったけど、本当に充実したひとときでした、最高。

来年には初の武道館ライブ(2days)を控えているKalafina、コンサートは昨年のクリスマスライブ以降行っていないので、是非行きたいところだ。
(チケットがとれますように)

ベスト盤は「Red」「Blue」の2種類。バランスよく選曲されていると思いました。