日別アーカイブ: 2014年10月4日

もうすぐハセツネ……だというのに。

20141004

2リットル、試しにお水を入れてみたが、かなり重いぞ。

 

間もなくやってくる日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)。

これまで試走はさわりの15キロしかしていないものの、走る距離も増えているし、体重は減っていないが太ってもいない。

怠け者の私にしてはなかなかの準備ができてきたと思っている。

水切れが怖いので、上の写真のような2リットルのリザーバーも買った。

ザックに収まることも確認済みだ。

何しろ初めてのハセツネだ。

なんとしてもゴールしたい、そのためにやれることはやっておこうという心構えでこれまでやってきた。

本番まであと8日。

本来であればここから少しずつ体調を上げていって……といったところで事態は急転する。

月曜日から咳が止まらない、のどはドンドン痛くなっていく。

風邪を引いてしまったのだ。

「首相が風邪をひいた」という話を聞いていたが、流行っていたのか、風邪よ。

特に木曜日は出社したものの、ず〜っとアタマがボーッとしたままで仕事をこなしていたのかどうかの記憶もない。

のど飴をなめているうちに仕事が終わっていた。

 

その翌日、金曜日は睡眠をしっかりとったこともあってか喉の痛みがかなり軽くなってきた。

身体はまだふわふわ時間が続いているものの、身体が回復に向かっているという実感はある。

「まだ1週間ある、間に合う!」

少し前向きになった。

だが出社し、仕事にとりかかって間もなくだ。

咳をした直後、いやな痛みがした。

喉ではない。

腰だ。

 

 

 

あ〜、やっちまったとすぐにわかった。

ある意味、風邪よりもやっかいじゃないか。

腰がいたくては走ることも歩くこともできない。

重い荷物を背負わねばならないというのに、よりによって腰とは。

風邪でも多少の体調不良なら歩いてでもゴールできるかもしれないが、腰痛は……どうなんだろう。

一難去って……というやつだ。

この腰痛は何曜日にピークがきて、回復へ向かってくれるのか。

不安で不安で仕方ないが、明日も仕事で長時間の座り仕事を強いられる。

果たして来週の連休、自分がどんな体調でいるのかまったく想像ができない。