アーカイブ

第34回 つくばマラソン

⚪︎ 1年ぶり、フルマラソンに挑む

先日の神流マウンテンラン&ウォークが終わって、トレイルランニングを楽しんだ1年の達成感に包まながら日々を過ごしていた。

まさかこんなに早くつくばマラソンがやってくるとは思っていなくて、事前に走ったのは3度で計30km。

準備不足は明らかだ。上の30kmは日にちが近づいてきて慌てて走ったものだ。

トレイルランニングをやっていたのだからマラソンは大丈夫でしょう?という声もある。

でも、それはしっかりとトレイルランをやっている人のことではないだろうか。

関門ギリギリ、完走できれば大勝利というスタンスで、全体の半分、いやそれ以上かな、歩くトレイルラン。

景色やエイドの食べ物を楽しむ時間もある。

それと比べてマラソンは42km走り続けなければならない。

目標タイムだってあるだろう。景色をボーっと眺めている時間はない。

昨年のつくばマラソンは散々だった。

20kmすぎから苦しくなり、力が入らなくなった。それでも25kmまでは頑張れたものの、そこでノックアウト。

フラフラとコース中を漂い、走っては歩きの繰り返し。

終盤になって少し体力は持ち直したものの3時間42分でゴール。満足のいく結果とはならなかった。

昨年同様今年も準備はできていない。

ただ、去年と違うのは……トレランはやっている。それが果たしてどれほどのアドバンテージになるのはかはわからないけど。

⚪︎ 前半は様子見のペース

昨年の記録を確認すると、運動不足のくせになんとかサブ3.5を目指そうという無謀な走りをしていたことが一目瞭然。

序盤は1キロ=4分40秒前後で走っている。

これは2年前の一番早かったときのペースだ。

それを練習せず体力も落ちているなかやろうとするからダウンしても驚かない。

でも1キロ=5分だったら……20km走るのにムリはない。

まずは中間地点のある21キロをキロ=5分で走ってみよう。そしてそのときの身体の具合を見て残り半分のことを考えよう。

これが練習不足の僕が42kmをしっかり走るために考えたプランだった。

20141125_01

筑波大学のキャンパスは毎年紅葉がキレイで心が和む

一応SUUNTOで記録を計りながら走っていたが、あまり時計を見ることはしないように。

自分にとって心地いいペースを探っていけば、キロ=5分近くになるはずだ。

今回序盤はペースやタイムよりも、意識したのは心拍数。

これを手元でモニタリングしておいて、ペースメイクの材料にしようと考えたのだ。

(急激に心拍数が上がるようだったらペースダウンするとかのレベルだけど)

つくばのコースはフラットが多くて気持ちがいい。視界は狭く、前だけを見て淡々と走る。

何を考えて走っていたのか、まったく思い出せない。何も考えていないのだろう。

心拍数を見て、タイムをたまに確認する。キロ=5分のペースより20秒ほど早いペース。

「ちょっと早いなぁ」と思いながらも、身体がこのペースの波に乗っているようで心地いい。

疲れはない。ここでペースを落とすと却って疲れてしまいそうで心配になる。

「まぁいい、中間地点まではこのままで走ってみよう」

中間地点手前の折り返しは応援の多いエリア。

音楽を聴いているのであまり応援は聞こえないが、賑やかな雰囲気でテンションがあがる。

さぁまもなく中間地点だ。青い計測用のシートを踏んだところで腕時計に目をやった。

⚪︎ サブ3.5に挑む

ネットタイム1時間43分で中間地点を通過。

想定よりも2分早い。

身体の具合は……疲労はあるけど去年のように25kmで力つきることは……なさそうだ。

選択肢は2つ。

  1. 全力で走って2年ぶりのサブ3.5に挑む
  2. 今年最初のフルマラソンなのだから無理のないペースで42km走りきる

走りながら……考える。でも考えている時間はそれほどない、レースに集中しなければ。

20メートルほど考えて、一つ目の選択肢を選んだ。サブ3.5。もうムリかもしれないと思っていた。

だけど、記録の出やすいつくばだったら……まだ体力が残っている今年は数少ないチャンスじゃないか。

残り21kmをキロ5km程度のペースで目標は達成できる。

ここからは手元のジェルを補給する。給水の時間は多少長くなるが、無理は禁物だ。

20km、30km、35kmで補給だから残り2回。これはしっかりやる。

昨年力尽きた25kmを通過する。まだ力がある、辛くないといえば嘘だ。でもまだバテる感じはしない。

30km通過。

時計を見る。まだ大丈夫だ、ペースは維持できている!残り12キロ!

そして次のチェックポイント35km地点。

少し落ちてきたか……でもまだ大丈夫だ。ここからが正念場だ!と気を引き締めた直後からだ。

身体が……動かない。

重い、次々に追い越されていく。これだ、去年の失速と同じだ。

ああ、来てしまったか……という気持ち。残り7kmであと少しだったのに、これで終わりか。

張り詰めてきたテンションが一気に緩むのがわかった。頑張っても動かないのだ。

やる気がないわけじゃない、仕方ないじゃないか。ゲームセットだ。

周りのランナーに追い越され続ける自分は果たして今、どんなペースで走っているのだろう。

時計で確認すればすぐにわかるが、時計に目がいかない。

そんな余裕はない。もう前を見ているだけで精一杯。

目標の達成は難しそうだ。

でも、無理だとわかっていて残り7kmであきらめちゃうのも格好悪いし、いや達成できないこと自体がカッコ悪いのはよくわかっているんだけど、ここはせめて体力が続く限り悪あがきするしかないだろう。

身体中の筋肉が悲鳴をあげているなか、もう一踏ん張りさせる。

履きなれないシューズのせいなのか、足の裏は痛いし、左の足首は鈍い痛みが続いている。

歩いているランナーを見ると誘惑に負けそうになる、もう歩きたくて歩きたくてたまらないのだ。

だけど、この挑戦を次の大会につなぐためには悪あがきするしかないのだ。

とりあえず給水以外は絶対に歩かない、最後まで走りきる。

手元にあった「トップスピード」を飲む……わかっていたがスピードは戻らない。

気がつくと筑波大学のキャンパスに戻っていた。

相変わらずドンドン追い越されていく。35kmからゴールまでの間に果たして何百人に追い越されたのだろう。

こっちだって必死に走っているというのに。

終盤にペースを上げる走り、僕が憧れるスタイルをする人たちが羨ましくて堪らない。

それに対して今の自分惨めな姿といったら、涙が出てくるな。

残り3kmの看板にはfate/stay nightのアーチャーのセリフをもじった言葉が書いてある。

「こいつを抜いてしまっても構わんのだろう」

ああ、俺はもう抜き去るだけの力はないのだよ、抜かれる一方だ。

残り1kmくらいになれば力が込み上がってくるのかなと思ったけど、そんなことはなかった。

時計をみると3時間29分。間に合わなかったなぁ。

だけど終わっていない、自分の戦いはまだ続いている。

42km通過。ゴールのトラックが見えてきた。スパートだ。走れ!と念じる。

ゴールゲートを目視できてからようやくスピードがあがってきた。100メートルあるかないかのスパートでゴール。

20141125_02

 

⚪︎ あと少しのようで遥かに遠い4分。

ネットタイムはギリギリ3時間33分。

ペットボトルをもらってトラックの脇にしゃがみ込む。しばし放心。

目標は達成できなかった、おまけ身体を強引に動かし続けたせいかキツくてキツくてたまらない。

悔しさがないわけじゃないけど、終わってみるととても充実した走りをすることができた。

後半は目標のために本気で挑むことができた。

走っているときはそれだけのことしか考えなかったし、純粋にタイムに挑めた充実感があった。

1点だけに集中できた充実感、そのために身体を消耗させること。

久しぶりに走ってみてマラソンってこういう楽しさがあるんだなって前向きになれた。

走る前までは「42km走り続けるなんてゾッとするわ」という心境だったけど、このゾッとするのが楽しみなんだ。

シーズン最初のマラソンでそう思えたのは本当によかった。

2014年は色々な大会に出てみたけど、最後の最後でマラソンの楽しさを思い出した。

この手応えを年明け以降のマラソンにつなげていきたい。