月別アーカイブ: 2015年4月

第25回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(100kmの部)

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの100kmの部(4 lakes)に参加してきた。
※装備などについては前回のエントリーを参照

当日のスタートは午前4時半。東京とは異なり、山梨県富士吉田市は今が桜満開のお花見シーズン真っ只中。そんな山梨の朝方はとにかく寒い。

150419-01

スタート地点、朝方というよりも夜。

前回のエントリーにあったように、寒い大会だというのは聞いていたので多少厚着をしてスタート直前まで待って、直前にウィンドシェルのなかに来ていたウェアを一枚ザックにしまってスタートブロックへ。

走り出すとあっという間に体は暖かくなるが、少しでも立ち止まると一気に体を冷やしてしまいそうだ。スタート地点の競技場からまずは下り基調で山中湖へ向かう。コースマップによると、山中湖をぐるっと1周したあと再び競技場に戻るとある。
「ってことは、今下った長い坂を登らなくてはならないのか」なんてことを考えるとゾッとしたが、先のことは考えず今だけを見ることに。

走り自体は思ったよりも体が動き、調子も良さそうだと思ったが15km手前あたりでトラブルが起きた。お腹を下したのだ。山中湖沿いは公衆トイレが充実していたので、とても助かったのだが、以降お腹に妙な違和感を残したまま走り、エイドにつくとかなりの確率でトイレに立ち寄ることになった。

トイレを待つ時間を含めたタイムロス、そして奪われる体力。全てがマイナスの方向へと向かっていくなか、ゴールを目指さなくてはならなくない。最悪の展開だ。

150419-01-2

山中湖から眺める富士山、神秘的だ。

ズルズルとペースは遅くなり、気がつくと周りはブロックスタートで自分よりもあとにスタートした人たちばかりになっていた。周回遅れをしているような気分になる。

山中湖から競技場に戻る長い登り坂は35km付近でやってきた。長い登り坂。ところどころ歩きながら進む。徐々に走りよりも歩きのほうが多くなっていく。そして坂を登りながらやってきた第3関門(38.7km)。
時計をみると関門15分前だということが発覚。ギリギリじゃないか。このままでは完走できない。危機感が募る。競技場への登り坂を走れないということは、フラットと下り坂はしっかり走らないと相当厳しいことになる……。そんなことを頭に叩き込みながら先を急ぐ。

150419-01-3

河口湖畔。桜の見物客で大変にぎわっていた。

 

お腹の妙な違和感は残ったままだ。走りだけに集中できればいいのだが、意識の2,3割はお腹へいく。下腹部にも力が入ってしまう。もっと走る方へリソースを集中させたいのだが、それができない。これがきつい。

桜の綺麗な河口湖を抜けて56.6kmの第3関門に到着。真っ先に時計を確認すると関門1時間前。けっこう走ったつもりだったが、それでも1時間しか余裕がないのか。気持ちが落ち込む。

西湖から精進湖へ向かう道は長い下り坂だった。精進湖へ向かうランナーが坂道を下る一方、精進湖から西湖へ戻るランナーはその坂道をひたすら登っていた。ゾッとした。西湖を一周したあと、この坂を登り続けなければならないのか。ただ先のことを考える余裕はない。関門時間を意識しながら前を急がねばならない。

精進湖を半周したところでたどり着く第4関門には25分前に到着。相変わらずギリギリな展開だ。そんなときでもトイレにいかなくてはならない。苦しい展開だ。

「次の関門まで8kmなのに1時間半も時間があるんだ、これは余裕だ!」なんて声がエイドから聞こえてきた。精進湖から西湖へ戻る登りのために設定しているのだろうか、それにしても1時間半もかかることはない。この区間全てが登りではないのだから。登りは全部歩いた。それでも80.6kmの第5関門までの区間で1時間以上の余裕を作ることができた。

次の関門までおよそ15km。長い……15kmと考えると一気に滅入ってしまうので、給水所を一つのゴールとして考える。5kmなら走り続けることはできなくても、前へ進むことはできる。給水所に到着したら、また次の給水所までの距離を確認する。95km地点にある最後の関門、第6関門までの15kmが一番精神的には堪えた道だった。ここまでで1時間30分の余裕をつくった。
残り5kmで1時間半。これならゴールできそうだ。相変わらず休憩所ではトイレに向かっていたが、ここでやっとゴールを確信した。とはいえ油断は禁物だ。

最後の5kmを分解すると序盤は登り3km、それが終わると下りが2km。
登りのコースは覚えている。山中湖を終えて河口湖へ向かうとき駆け下りた坂を今度は登らなくてはならないのだから。その距離3km。足はとうに限界を迎えている。駆け上がることなどできない。 ゆっくりだが着実に歩みを進める。

登りきったあとにやってくる最後の下り区間でスピードをあげて、その勢いのままスタート地点の陸上競技場に戻ってきてゴール。制限時間の35分ほど前にゴール。やっぱりギリギリだったな。

100kmのウルトラマラソンの大会に初めて出た。3月の大江戸ナイトランは112kmをほぼ走りきることができたが、今回はボロボロ。お腹のトラブルといい、戦い抜く準備ができていたとは言いがたい。何度も「関門にひっかかってリタイヤになってくれ」と思いながら走っていた。

お腹のトラブルや不安を抱えながらのゴールだったので直後は涙が出てきそうになった。ただ嬉し涙なのか悔し涙なのかはわからなかった。

来月の野辺山ウルトラマラソンも厳しい戦いになることは必至だ。万全の体調で気持ちを切らさず、ゴールを目指したい、今度こそは。

日曜日はチャレンジ富士五湖ウルトラマラソン

日曜日はチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンに参加する。
42km以上のロードは小江戸大江戸で3度あるけど、「ウルトラマラソン」と謳った大会は実は今回が初めてだ。

71km、100km、118kmと3つの部門があり、私が参加するのは100km。富士五湖のうち4つの湖(山中湖、河口湖、西湖、精進湖)を走る。

スタート時間は午前4時半。いつも会場には2時間前に到着していることが多いから、2時半には向かうことになる。夜勤生活者からしてみたらまだ会社にいてもおかしくない時間だ。体内時計的に難しい大会になることは間違いない。

今年で25回目を迎えるこの大会は、もともとタレントの間寛平さんがスパルタスロンに挑戦するための練習コースとして誕生、第1回大会の参加者は間寛平氏を含めて13名だったそうだ。それが25年の時を経て、今年は総勢4552名がエントリー。ウルトラマラソンでは国内一の規模をほこる大会になったという。

本大会の最大の天敵は天気

本大会について以前から知っていたのは「とにかく寒い」ということだった。低体温症でリタイアなんていう話もきいた。大会パンフレットにこの大会が過去3年過酷な天気に見舞われていたことが詳細に書いてあった。

  1. 2012年 降水量7mm / 最低気温3.4度 / 日照時間0h
  2. 2013年 降水量3mm / 最低気温1.0度 / 日照時間0h
  3. 2014年 降水量1mm / 最低気温1.3度 / 日照時間0h

毎年何かしら降っていて、しかも日照時間が1時間もない。首都圏に住んでいれば気温は真冬レベル。4月にしちゃ過酷な天候。これがトレイルレースなら腹をくくれるが、ロードではしんどい。資料を見て「これは厄介なことになるなぁ」と思っていた。思えば3月の大江戸ナイトランも雨だった、東京マラソンもスタート直前まで雨だった。そうか今年はレースに出るたびにこんな天気がつづくのだなと諦めかけていたところで、今年はどうも天気がいいらしいという情報が入ってきた。手元のiPhoneで富士吉田市の天気を確認すると日曜日には太陽のマークがある(月曜日が雨というのは気がかりだが)。

もし予報通りだとすれば、今年は極めて異例な好天のなかのレースということになりそうだ。

私の目標は制限時間内(14時間?)での完走だ。起伏の多いコースなので、ゆっくりまったり進もうと思っている。途中で陽が傾いてくれば肌寒くなるだろう。スタート前だけでなく終盤でも「寒さ対策」が必要になる気がしている。
またコースを知らないだけに超長距離については「慎重な姿勢」が求められる。タイムを意識していないので、完走に向けて起こりうるトラブルにしっかり対応できるような心構えを用意しておけばオッケーなはずだ。

そんな私が考えている装備は下の写真の通り。

150416-01

軽装で走る人も多いようだが、初めてのウルトラマラソンなのでサロモンのS-LAB SENSE ULTRA SETに防寒具や補給用のジェルなどを積んで走ってみようと思う。スタート前から着るウィンブレは暖かくなったら脱いで預けることもできるが、気温の変化に対応するため最後まで積む。シューズは大江戸ナイトランに引き続きALTRAのParadiumで。

あれこれ考えてみてもいざ走り出すと思ってもいなかったことが起こるのがウルトラマラソン(一度も走ったことはないがw)。準備は終わり。あとは少しでも大会を楽しめることを祈るだけだ。

Answer4 “FOCUS Ultra”

3月の大江戸ナイトランで使ってみたAnswer4の”FOCUS Ultra”。

150129-01

ボトルは某社のものを適当に入れてみました

先日陣場山を走ったときにようやくトレイルランでも使うことができたので、短い距離しかトレイルでは走っていないけど、感想を簡単に書いてみる。
トレイルでの使用距離は短いが、大江戸ナイトランでは112kmを共にしている、走っているという点では共通する部分が多いはずだ。あくまで私のようなyuruiランナー目線からの感想であることを加味して、参考にしていただければ幸いである。

いちばん気に入ってるのは「揺れにくい」じゃない

Answer4のザックは揺れにくいことがアピールポイントになっているようで、真っ先に尋ねられるのが「揺れにくいか否か」ということだった。
確かにそう聞かれると「揺れないですね」と答えてしまうのだが、久しぶりにトレイルに入ると以外とボトルホルダー周りが上下に揺れるのが気になって「こんなんだったっけ?」と戸惑ってしまった。単に胸のベルトを調整が甘かったのかもしれない。気付かずに調整をしていたのだろう、5キロ走ったくらいから、まったく気にならなくなった。
そして気がついた。「気にならない」感覚。
これこそが一番の魅力なのではないだろうか。

150401-01

陣馬山にて……ざ、雑すぎるだろ……。

胸も背中も、何かを身につけている、背負っているという感覚が薄い。腕を振っていてもそうだ。何かが動いたり、肩周りに違和感があるということがない。
当然荷物の重みはあるんだけど、物理的な煩わしさを覚えることなく、目の前の走ることに集中できる。走ることにおいてノイズを取り除き、集中力を引き出す……これが一番の魅力で、「揺れにくい」というのはそれを引き出すための要素の一つなのではないか。

この独特な逆三角形のシェイプもそうだ。

150129-01-2

ただ小さいから邪魔にならないというのではない。背中にありながら意識がそこにいかないように感じられる。表面の素材に伸縮性がない(=揺れない)というのも、それが狙いというよりは上で述べたことを実現するための手段なのではないか、なんてことを考えた。

収納には工夫が必要か

形が独特なので、収納には工夫が必要な場合も。たくさん物をメインの荷室にしまいたい場合は、特に逆三角形の尖っている下の部分に何を納めるか、などとあれこれ考えながらやってみるといいかもしれない。時には割り切ることも必要か。この空間は伸縮しないので取り扱いには注意が必要だ。

その分サイドポケットはビヨンビヨンに伸びるので「思っていた以上に入るな!」というのが実感できるはず。オプションの背面ポケットにジェルを入れていたら、素材の関係かメッシュが痛んでしまった。ジェルのパッケージの角との相性が悪いようだ。ジェルはサイドか胸のポケットにしまって、背面には「柔らかいモノ」を入れておいたほうがいい。

小さい、そして軽い

小さくて軽い、現物を見るとびっくりしてしまうほどだ。これも上で述べた「走ることに集中する」ための工夫なのだろう。一般のスポーツメーカーだとここまで割り切った軽量なものが果たして出せるのかな。もう少し生地に厚みを持たせそうな気がする。こういった設計もガレージメーカーならではの思い切りなのかもしれない。

かっこいいが正義

果たしてこれが私のようなヌルヌルなランナーにふさわしいギアかどうかは相当クエスチョンなのだが、大事なことは一つ。「かっこいいは正義」なのだ。かっこいいと思ったから使ってみた、それでいいと思うのです。どういうシチュエーションで使うかさえをわきまえれば。
FOCUS Ultraは、サイズの他に背面生地やファスナーの色を選択することができる。白は人気がありそうなので、あえて自分の好きな色であるブルーを選んだ。(ちなみに今はレッドが気になっている)
こういう自分で「選ぶ」「決める」というプロセスはモノへの愛着が湧く大切な要素だ。お値段も張るだけにここは存分に楽しむべし。

そんなわけで、ゆる〜いランナー目線で感想をいくつか挙げてみた。なかなかトレイルレースに出る機会がないので、使いたいが使う機会がない、もどかしい日々を過ごしている。6月のスパトレイルでは使う予定です。

月間の注文数が限られているので「気になっているんだけど、どうかなぁ〜」と悩んでいらっしゃる方の判断材料として少しでもお役に立てたら幸いです。

ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」を見る

前回のつづき

ミラノは1泊2日の短期滞在だったため、サッカー以外の目当てはレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」に絞り込んだ。
まずはミラノ中央駅の荷物預かり所にトランクを預け、身軽になってから教会へ向かった。

予約が大変

イタリアの観光にあたって、旅行の計画を立てた直後から様々な美術館を予約してきたが、最も大変だったのがこの「最後の晩餐」だった。
見学するのは1グループ単位となっており、30名程度が1つのグループになって一定の時間に見学しなくてはならない。名画をじっくり……などということはゆるされない。時間は激しく限られているのだ。それゆえ、自分の望んでいる時間に予約をすることは難しい。日程が決まったら真っ先に予約すべし
なお、ネットでは予約の代行サービスを行っているサイトもあるが、自分たちで予約することもできる。詳しくはこのブログにかいてあったので割愛する。

141030-01-22

朝日が差し込み、鮮やかなオレンジに染まる教会。

「最後の晩餐」は、ミラノの「サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会」にある。 教会までの道で見かけたカフェに立ち寄り、コーヒーを飲んでから教会へ。現地の人はエスプレッソをサッと立ち飲みしてクールに去っていくが、私はがっつりパンまでいただいた。

141030-01-23

教会の脇に「最後の晩餐」の見学受付がある。自分の予約していたグループの時間を過ぎてしまうとその瞬間アウトなので、時間の少し前には建物のなかで待っているといい。

私の予約していたグループはガイド付きのグループだった。ガイドさんがあれこれ説明してくれるのだが、当然日本語ではない。本当はガイドなしで安く見学できればよかったのだが、そういうグループは予約で埋まっていたのか、無かったのかもしれない。

厳重すぎる体制のなか、いよいよ「最後の晩餐」を見る

「最後の晩餐」という絵はどうも教会の食堂の壁画だったらしい。しかも、壁画には向かない画材で描かれたため、劣化、損傷が激しく、近年になってようやく復元されたのだという(うる覚え)。そんなこともあってか、絵画の鑑賞はとにかく厳重。

グループひとまとまりになって絵画のある場所まで移動するのだが、幾重の自動ドアなどゲートをくぐり、ようやくその絵にたどり着くことができる。

撮影はもちろん、不可。

141030-01-25

撮影不可のためイメージを

鑑賞する時間は全部で15分程度と制限されている。その間、ガイドがひたすら喋り続ける。英語だったかな?思っているよりも説明が鮮明に入ってくるので絵に集中することはできない。もうガイドに身を任せるほかないのだ。
実は食堂には「最後の晩餐」のほかに対面の壁面にも絵が描かれているのだが、そちらは「ちゃんとした画材」で描かれており、見学者の関心は薄い。

限られた時間しか見ることができない、非常に管理された見学だがメリットはある。予約さえできれば他の美術館とは異なり、鑑賞時間は少ない人数で邪魔されることなく集中して鑑賞することができるのは魅力だ。

気がつくと見学時間はあっという間に終わりがきてしまっていて「もうちょっと見てみたいな」とか『ダ・ヴィンチ・コード』は読んでおくべきだったのかな、とか思いながら教会を後にした。

ミラノを去る前に揚げピッツァを食べる

141030-01-26

 

絵画鑑賞を終えてドゥオモの前に戻ってきた。
もうそろそろ次の街へ行かなくてはならない。

でもその前に食べておきたいものがあるのだ。

141030-01-27

ミラノは万博を控えているようで、通りには国旗が並んでいました。日の丸もありましたね。

それが「ルイーニ」の揚げピッツァだ。ドゥオモから歩いてすぐ。お店の前で座り込んで食べている人たちも多いのですぐにわかる。

141030-01-21

外にはたくさん人がいるけど、簡単に買えます。

手のひらサイズで立ち食いできるものだから、気取らず、サクッと食べることができる。あっという間に退店だ。

さて、そろそろ電車の時間が近づいてきた。
ミラノは旅行で一番短時間だったので、まだまだ見る場所はあったと思う。
もし、またイタリア旅行をすることがあれば今度は時間をとって観光してみたい。