アーカイブ

フィレンツェ その1

前回のつづき

ローマで2泊したあと、向かったのはフィレンツェ。
交通手段は、我々日本人にも馴染み深い鉄道。
イタリアの鉄道で便利だと思ったのは、ウェブサイトから電車が予約できること。
日本のJRよりも簡単に、外国人でも予約できてしまう。
しかも切符などの発見はなかったはず、プリントアウトした紙でOK。
日本政府は訪日外国人を増やしたいという話を聞くが、鉄道の予約がネットからもスムーズにできるようになればいいと思うのだが……。

ネット予約で座席が指定できるが、座席は横並びでとるのではなく、窓側で向かい合うように取ったほうがいい。

141027-01-12

座席については事前にネットで調べると、ランクの高い席のほうが安全、安い席は汚いという話だったが、私の乗った安い席はそんなこともなく快適でうとうとしているうちにフィレンツェに到着した。

141027-01-13

駅に到着。日本と違ったフラットなつくりだ。

かつて「冷静と情熱のあいだ」という小説を読んだことがあったので、フィレンツェといえば「ドゥオモ」というイメージだった。

さぞ迫力があるのだろうと思っていたのだが、実際見てみるとその大きさに驚く。

141027-01-14

ドゥオモ。

ジョットの鐘塔、そして写真左手奥のドーム状のクーポラと見所満載だ。

早速観光といきたいところだが、ジャブ程度にジェラートを。

141027-01-15

観光のおばちゃん集団とともに

141027-01-16

ピスタチオ味ばかり食べていた気が……

141027-01-17

この街は革製品とイノシシが有名らしい

ジェラートを食べた直後、時計をみるとお昼に。
お腹がすくのも納得だ。観光は一旦置いておいて、昼食をとることにした。

つづく