アーカイブ

パーゴワークスのファストパッキング用パック「RUSH 28 」

先のエントリーで赤岳に行ったことを書いたが、その時に活用したのがパーゴワークスの「RUSH 28」というファストパッキング用のザックだ。

正直ファストパッキングはやったことがなくて、今回は行き帰りの着替えや防寒具などを持ち運ぶ必要があった。トレランのザックでは足りない。基本は歩きだけど、下りは走りたいので揺れるのは嫌だ。そこでしかるべきサイズのものが必要となった。その結果、幾つかの候補の中からRUSHを選んだ。あくまでハイクとして使ってみただけなので、ファストパッキングとして検討している人にとっては参考にならないエントリーだ。

151011-01

大きくなっても変わらない「RUSHらしさ」

以前『パーゴワークスのトレランパック「RUSH7」』というエントリーを書いているように、RUSH7についてはレースやトレイランで使っている。RUSH7やその後発売されたRUSH14を使っている方にとっては、このモデルにも「RUSHらしさ」が継承されているのでサイズが大きくなっても安心できる、信頼できるのが一番大きいのではないだろうか。要するに上の写真にある胸の伸縮性の高い生地で作られたボトル収納やジェルなどを収納できるスペースのことである。これを背負って前だけ見たら「RUSH7」を背負っているようにも……見えなくはない……はずだ。

151011-01-3

こんな感じでペットボトル以外もニョキっと入る。

だからRUSHを使っている人は問題なし、スムーズに導入することができるでしょう!と完結にまとめてもいいのですが、せっかくなので少しだけ書いてみようと思う。

151011-01-4

一番上のポケットはメッシュに。パッと中身が把握できる便利さもある一方で、天気の悪い時は簡単に濡れてしまうので入れるものを選びそう。そこはお天道様と要相談。

151011-01-5

一番気になったのがこのザックの特徴でもあるトップスタビライザーとメインアクセスの関係。トップスタビライザーを引っ張って、体に寄せることによる安定感がこのザックの魅力だと思うのだけど、荷物を出し入れする際には一度スタイビライザーを緩めなくてはいけない。慣れてしまえばなんてことのないのだが、最初は戸惑ってしまった。

「走る」選択肢を持つ人の望みに応える一品

とはいえ、スタビライザーを使った時のフィット感、そして「センターコンプレッション」の組み合わせがこのザックの快適性を顕著なものとしているのも事実。これが、いいのだ。

151011-01-6

センターコンプレッションをMAXまでやってみるとここまで縮む

センターコンプレッションで余計な空間が縮まり、ザックの密度が増す。これとスタビライザーを組み合わせてみるとグッと荷物が背中側に乗ったような感覚になる。そう、トレランのザックを背負った時のような、あの位置感だ。

そうすると、走りたくなるのだ。特に私のようにファストパッキングではなく日帰りハイクであればなおさらだ。28リットルのザックを背負っているような気がしない。胸元はRUSH7と同じなのだ。あとは気持ち良くトレイルを駆けおりるだけなのだ。

ハイクをするだけだったら他のザックでもいいだろう。ただ、そこに「走る」という行為を選択しとして持つのであれば、損はしない一品であるように感じられた。これに泊まり関係のギアを積んでみるとまた違うのかもしれない。あくまでハイクの範囲でのインプレッションは以上だ。

OMMで使う人もいるのかな。終わったら感想をネットで見つけてみたい。

RUSH28については、スペシャルサイトに細かく機能が紹介されているのでそちらをどうぞ。