カテゴリー別アーカイブ: ギア関係

パーゴワークスのファストパッキング用パック「RUSH 28 」

先のエントリーで赤岳に行ったことを書いたが、その時に活用したのがパーゴワークスの「RUSH 28」というファストパッキング用のザックだ。

正直ファストパッキングはやったことがなくて、今回は行き帰りの着替えや防寒具などを持ち運ぶ必要があった。トレランのザックでは足りない。基本は歩きだけど、下りは走りたいので揺れるのは嫌だ。そこでしかるべきサイズのものが必要となった。その結果、幾つかの候補の中からRUSHを選んだ。あくまでハイクとして使ってみただけなので、ファストパッキングとして検討している人にとっては参考にならないエントリーだ。

151011-01

大きくなっても変わらない「RUSHらしさ」

以前『パーゴワークスのトレランパック「RUSH7」』というエントリーを書いているように、RUSH7についてはレースやトレイランで使っている。RUSH7やその後発売されたRUSH14を使っている方にとっては、このモデルにも「RUSHらしさ」が継承されているのでサイズが大きくなっても安心できる、信頼できるのが一番大きいのではないだろうか。要するに上の写真にある胸の伸縮性の高い生地で作られたボトル収納やジェルなどを収納できるスペースのことである。これを背負って前だけ見たら「RUSH7」を背負っているようにも……見えなくはない……はずだ。

151011-01-3

こんな感じでペットボトル以外もニョキっと入る。

だからRUSHを使っている人は問題なし、スムーズに導入することができるでしょう!と完結にまとめてもいいのですが、せっかくなので少しだけ書いてみようと思う。

151011-01-4

一番上のポケットはメッシュに。パッと中身が把握できる便利さもある一方で、天気の悪い時は簡単に濡れてしまうので入れるものを選びそう。そこはお天道様と要相談。

151011-01-5

一番気になったのがこのザックの特徴でもあるトップスタビライザーとメインアクセスの関係。トップスタビライザーを引っ張って、体に寄せることによる安定感がこのザックの魅力だと思うのだけど、荷物を出し入れする際には一度スタイビライザーを緩めなくてはいけない。慣れてしまえばなんてことのないのだが、最初は戸惑ってしまった。

「走る」選択肢を持つ人の望みに応える一品

とはいえ、スタビライザーを使った時のフィット感、そして「センターコンプレッション」の組み合わせがこのザックの快適性を顕著なものとしているのも事実。これが、いいのだ。

151011-01-6

センターコンプレッションをMAXまでやってみるとここまで縮む

センターコンプレッションで余計な空間が縮まり、ザックの密度が増す。これとスタビライザーを組み合わせてみるとグッと荷物が背中側に乗ったような感覚になる。そう、トレランのザックを背負った時のような、あの位置感だ。

そうすると、走りたくなるのだ。特に私のようにファストパッキングではなく日帰りハイクであればなおさらだ。28リットルのザックを背負っているような気がしない。胸元はRUSH7と同じなのだ。あとは気持ち良くトレイルを駆けおりるだけなのだ。

ハイクをするだけだったら他のザックでもいいだろう。ただ、そこに「走る」という行為を選択しとして持つのであれば、損はしない一品であるように感じられた。これに泊まり関係のギアを積んでみるとまた違うのかもしれない。あくまでハイクの範囲でのインプレッションは以上だ。

OMMで使う人もいるのかな。終わったら感想をネットで見つけてみたい。

RUSH28については、スペシャルサイトに細かく機能が紹介されているのでそちらをどうぞ。

週末は野辺山ウルトラ

150513-01

 

先月限界に達したなかで完走したチャレンジ富士五湖(100km)、終わってから「もうしばらくウルトラマラソンはいいかな〜」なんて思っていた。マラソンへの満腹感がマックスに達していたのだ。

そんなわけで富士五湖直後からトレイルランがやりたい!トレイルのレースに出たい!そんな思いがドンドン強くなっていったのである。

ところが、今週末の私の予定は再びウルトラマラソン。しかも富士五湖よりもきついと言われている野辺山ウルトラである。距離はまたしても100km。

「またかよ……」というのが偽らざる気持ちだ。富士五湖のときとは異なり、モチベーションはあまりない。いや、ほとんどない。
完走するイメージも湧かない。富士五湖でも、制限時間35分前のゴールだったのだ。いわんや野辺山をや、である。

なぜ私はエントリーしてしまったのだろう、なんてことまで考えてしまう。
そんな風にテンションがほぼゼロのなかでも、上の写真のようにジェルやらシューズやらを用意している自分もいるのだ。人間って不思議なものである。

実際スタートしたら楽しくなっちゃうかもしれないし、後悔しちゃうかもしれない。絶対完走するぞ!とか念ずると今から気が滅入ってしまいそうなので、楽しめたらいいなとか、雨が降らなかったらいいなとかばかり考えている。

心の予防線モードだ。

さて、上の写真のシューズ、HOKAのhuakaはぶっつけ本番投入予定。
果たしてどんな履き心地なのか、ワクワクするな。

Answer4 “FOCUS Ultra”

3月の大江戸ナイトランで使ってみたAnswer4の”FOCUS Ultra”。

150129-01

ボトルは某社のものを適当に入れてみました

先日陣場山を走ったときにようやくトレイルランでも使うことができたので、短い距離しかトレイルでは走っていないけど、感想を簡単に書いてみる。
トレイルでの使用距離は短いが、大江戸ナイトランでは112kmを共にしている、走っているという点では共通する部分が多いはずだ。あくまで私のようなyuruiランナー目線からの感想であることを加味して、参考にしていただければ幸いである。

いちばん気に入ってるのは「揺れにくい」じゃない

Answer4のザックは揺れにくいことがアピールポイントになっているようで、真っ先に尋ねられるのが「揺れにくいか否か」ということだった。
確かにそう聞かれると「揺れないですね」と答えてしまうのだが、久しぶりにトレイルに入ると以外とボトルホルダー周りが上下に揺れるのが気になって「こんなんだったっけ?」と戸惑ってしまった。単に胸のベルトを調整が甘かったのかもしれない。気付かずに調整をしていたのだろう、5キロ走ったくらいから、まったく気にならなくなった。
そして気がついた。「気にならない」感覚。
これこそが一番の魅力なのではないだろうか。

150401-01

陣馬山にて……ざ、雑すぎるだろ……。

胸も背中も、何かを身につけている、背負っているという感覚が薄い。腕を振っていてもそうだ。何かが動いたり、肩周りに違和感があるということがない。
当然荷物の重みはあるんだけど、物理的な煩わしさを覚えることなく、目の前の走ることに集中できる。走ることにおいてノイズを取り除き、集中力を引き出す……これが一番の魅力で、「揺れにくい」というのはそれを引き出すための要素の一つなのではないか。

この独特な逆三角形のシェイプもそうだ。

150129-01-2

ただ小さいから邪魔にならないというのではない。背中にありながら意識がそこにいかないように感じられる。表面の素材に伸縮性がない(=揺れない)というのも、それが狙いというよりは上で述べたことを実現するための手段なのではないか、なんてことを考えた。

収納には工夫が必要か

形が独特なので、収納には工夫が必要な場合も。たくさん物をメインの荷室にしまいたい場合は、特に逆三角形の尖っている下の部分に何を納めるか、などとあれこれ考えながらやってみるといいかもしれない。時には割り切ることも必要か。この空間は伸縮しないので取り扱いには注意が必要だ。

その分サイドポケットはビヨンビヨンに伸びるので「思っていた以上に入るな!」というのが実感できるはず。オプションの背面ポケットにジェルを入れていたら、素材の関係かメッシュが痛んでしまった。ジェルのパッケージの角との相性が悪いようだ。ジェルはサイドか胸のポケットにしまって、背面には「柔らかいモノ」を入れておいたほうがいい。

小さい、そして軽い

小さくて軽い、現物を見るとびっくりしてしまうほどだ。これも上で述べた「走ることに集中する」ための工夫なのだろう。一般のスポーツメーカーだとここまで割り切った軽量なものが果たして出せるのかな。もう少し生地に厚みを持たせそうな気がする。こういった設計もガレージメーカーならではの思い切りなのかもしれない。

かっこいいが正義

果たしてこれが私のようなヌルヌルなランナーにふさわしいギアかどうかは相当クエスチョンなのだが、大事なことは一つ。「かっこいいは正義」なのだ。かっこいいと思ったから使ってみた、それでいいと思うのです。どういうシチュエーションで使うかさえをわきまえれば。
FOCUS Ultraは、サイズの他に背面生地やファスナーの色を選択することができる。白は人気がありそうなので、あえて自分の好きな色であるブルーを選んだ。(ちなみに今はレッドが気になっている)
こういう自分で「選ぶ」「決める」というプロセスはモノへの愛着が湧く大切な要素だ。お値段も張るだけにここは存分に楽しむべし。

そんなわけで、ゆる〜いランナー目線で感想をいくつか挙げてみた。なかなかトレイルレースに出る機会がないので、使いたいが使う機会がない、もどかしい日々を過ごしている。6月のスパトレイルでは使う予定です。

月間の注文数が限られているので「気になっているんだけど、どうかなぁ〜」と悩んでいらっしゃる方の判断材料として少しでもお役に立てたら幸いです。

THE NORTH FACE “Ultra Repulsion Race”

先日の東京マラソンで履いたシューズがこれ。

150212-01-4THE NORTH FACEの「Ultra Repulsion」シリーズ。

ノースフェースといえばトレイルランニングのギアを一式発売していて、私も「Ultra Trail」というシューズを好んで履いているが、今回のシューズはそれらとはちょっと違う。

日本向けのロード用シューズ

150212-01-2なんでもこれは、国内企画の商品でおまけにロード用シューズなんだとか。だから海外の人から見たら「こんなの見たことないな」っていうシューズになるのだと思う。

国内企画の商品なのだから、足型が日本人にフィットしている……はずだ。外国人に比べ足幅が広いとされる日本人にあった足型となっているにちがいない。ランニング市場ではアシックスやMIZUNOなど国内メーカーが強い。それは長距離を走り続けるにあたり日本人にあったシューズを提供しているというのが大きいはずだ。初心者の方であれば、不慣れな長時間の運動の際に足に合う合わないというのは、大きな選択要因になるはずだ。

ロードシューズというのは、少々意外。だが、国内のみの販売である程度の売り上げを確保するためには、パイの大きいロードを狙わざるを得ないといったろころなのだろうか……なんて最初は思ったんだけど、このソールを見ると……

150212-01-3

 

ソール前方に突起物あって、こいつがけっこうグリップ効く。だから速いランナーはトレイルレースでも使えるんじゃないかと思った次第。メッシュ素材で砂ほこりや土がジャリジャリ入ってきそうでトレイルで使う気にはなりませんが、最近はこの辺の境界線も曖昧になってきているのかもしれない。まぁ私のように遅いランナーは普通のトレイルシューズでいいのです。

東京マラソンで使ってみた

早速東京マラソン2015で使ってみた。フルマラソンを1本走っての印象をまとめておこう。今シーズンはこれまでつくばマラソンと勝田マラソンを走った。そのときは、アシックスのターサージールを使用。

ターサージールは反発力が凄まじくて、着地するとバチコーン!って跳ねて想定を上回るスピードが出るシューズ、だと思っている。これが身体ができあがっていると良いのだが、結果序盤からのオーバーペースを呼び起こす要因にもなりそうで、怖いなと思っていた。

それに対してこのウルトラ・レプルージョンは、その名前からしてめっちゃ反発力がありそうだが、実際走ってみると「ほどよい反発感」が印象に残った。ターサージールの、「シューズに走らされている感覚」とは違って、「自分で走っている感じ」ペースメークができる手応えがあった。

自分の足にはこのくらいの反発力がちょうどいいのかもしれない。反発が少ないってのもいやだし、などと思いながら東京マラソンを走っていた。結果としては32km以降ペースダウンしたわけだが、15kmくらいから「やばいなぁ」と思いながらもラスト10kmまで持ちこたえられたのは大きかった。

反発力についてばかり書いてきたが、このシューズ、紐がいい。細いわりにほどけないぞ。ターサージールは紐がほどけやすくてまるでダメ。そういうストレスを持たずに42km走ることに専念できるというのも大事なこと。靴ひもを変えるというのも選択肢になるが、私のように雑で面倒な人もいるはずだ。

また、足型については日本人向けと聞いたが、幅広い感じではない。試着してためしてほしい。もともとTNFのトレイルシューズを使っていたので私の場合は違和感なく履いていたが、店舗で確認すべき重要なポイントだろう。

150212-01

スウェーデンっぽいカラーリングは好みだ。

 

テレビCMで流れているプーマの新しいシューズも反発性を謳っているようで、これが今のランニングシューズのトレンドなのかもしれない。自分の走力にあった反発性というのは、店舗の試着で判断するのはなかなか難しいと思う。本当は10kmくらい走って選ぶことができればいいのだが、そうはいかないだろう。

そんなわけで無責任で雑な結論になるが、私のような3時間30~40分の間を漂う、サブ3.5に届かないくらいのランナーの人は、このシューズは選択肢に入れてもいいのではないだろうか。
本当はもっと速いランナー向けっぽいけどねw

サブスリーランナーのための決戦用ロードランニングシューズ!【最大3000円OFFの超お得クーポン...

価格:11,230円(税込、送料込)

ターサージール3を履く

普段のランはvibramのファイブフィンガーズ。

マラソンだってファイブフィンガーズ。それだけで3年走ってきた。

特に不満はない。

だけど、「今の自分が普通のランニングシューズを履くと何か変わるのだろうか」と興味がわいた。

そんなことから手に取ったのが、アシックスのターサージール3というシューズだ。

20141129_01

「虎走」の文字がクール

お店ではターサージャパンやアディゼロ匠戦なども履いてみた。

ビブラムに慣れているとターサージャパンはソールの柔らかさが慣れなかった。

匠戦とターサージールは、履いてみて違いはそれほど感じられなかった。決め手は色で。

20141129_03

このイエロー。アシックスにしてはかっこういい。足首周りに虎柄が入っている。

つま先から踵まで真っ平らなシューズを履いていると、怪我をしないか少し不安になる。

薄底のシューズになるそうだが、ビブラムよりはかなり厚底。

ただ、ソールの硬さ、反発感はなかなかいい感じ。

これが柔らかいナイキのシューズは走るたびにソールがベコっと凹む感じがして苦手なのだが、これはその心配がない。

20141129_02

一応ソールはこんな感じ。突起物の効果はよくわからなかった(笑)

さっそく、このシューズで先日のつくばマラソンを走ってみた。事前に2度、この靴でランニングをしていた。

◯ 感想 スピードは出る気がする

フルマラソンを走ってみての感想は以下のとおり。

  • ソールの反発力が効くのか、思っているよりもスピードが出る。
  • ソールの硬さがレース終盤になると足にくる
  • 慣れていないからなのか、足首に嫌な痛みがする
  • とはいえ、思ったよりもいい感じ

痛むところがあるのは、こういうシューズに慣れていなかったり、単純に自分の実力が足りなかったりするのでやむなしかと(笑)

自分で思っているよりも、スピードが出ているのでこれは面白い。

ただこのスピードに身をまかせると、終盤に向けて失速しそう。

なので自分の心地よいペースで終盤まで体力が持てば、この加速力は大きな武器になりそうな気もするんだよね。

ということで、もう少しこのシューズを本番では使ってみようと思います。

最後まで攻め抜くランナーへ!サブ3の領域に突入!!!【2015SSモデル】asics【アシックス】TARTHER...

今、上のアフィリエイトの文句をみると、このシューズサブ3向けなんですね(笑)

でも自分の気分があがるシューズを選ぶのは大事なことだと思うので、あまり気にせず履きます。

普段履いているのは、こちらのシューズ。こっちもイエローです。

やっと走ったよ、ニューバランスのMT110v2で

7月の富士登山競走以来、すごく久しぶりに山に行ってきました。

20140906-

 

「次トレランするときは絶対に履こう!秋のレースはこれで行こう!」と思っていたまま、その機会もなくタンスの肥やしとなりつつあったシューズをようやく履くことができました。

20140718-

ニューバランスの「MT100v2」というシューズ。

トレランシューズのなかではひと際目を引くカラーリング。

ニューバランスのシューズでありながら「NB」のマークはなし。

アメリカ人トレイルランナー、アントン・クルピチカのモデルだそうです。

ロン毛、ひげ面、上半身は裸で短パンで走ってる人ですね。

そんな彼のキャラクターにピッタリのカラーリングともいえます。私のような普通の人だと足元で負けそうですがまぁいいのです。

同じくニューバランスから発売されていた彼の前モデルはかなりソールが薄かったみたいですが、今回はしっかりとした作り。

25kmほど走ってみましたが、足への違和感や合っていない痛みというものもなかったので、この秋は原則これでいっちゃいます。

一回走っただけで足の甲の部分のグリーンのメッシュは一気に真っ黒になってしまいましたが……。

そうそう、前のエントリーで書いたパーゴワークスの「RUSH7」も使ってみました。

20140830-

7リットルのモデルですが、7リットルってこんなに入るんだ!と荷物を詰め込んで感心しました。

生地の伸縮性が効いていると思うんですけど。あとハイドレーションの収納が分離されているのはすごくいい。

最近はボトル中心でしたが、今回はこれにハイドレを入れてハイドレのちょっとした時間にさっと水分補給ができる便利さを実感。

ハセツネはボトルもハイドレもがっつり積む予定なので、これだと食料系が足りなくなりそうなのでこれはパス。

だけどエイドのしっかりあるレースだったら長めの距離も行けそう。

久しぶりの山は……暑かった。雨が降るという予報だったのですが。

20140906--2

 

かき氷で休憩。夏の終わりですね。

パーゴワークスのトレランパック「RUSH 7 」

今日から9月。

雨の日も多くて、今年は8月末から夏が失速していったような気がします。

もっとしぶとかった気がしたのですが。

8月はレースのない、自堕落な日々をすごしてきましたが、9〜11月は秋のランシーズン。

ロードもトレイルも走っていきますよ。

そんななか届いたのがこちら。

20140830-

PAAGO WORKS(パーゴワークス)初のトレランパック「RUSH 7」。

RUSH7の特徴は、このように書いてあります

日本人のためのトレイルランニングパックを作るべくスタートした“RUSH PROJECT” 全国のコアショップやランナーとの共同開発の末、ようやく理想のパックにたどり着きました。リリース第1弾はRUSH7。ワンデイのレースやトレーニングにちょうど良いサイズ感と快適な背負い心地、ストレスのない使い勝手が自慢です。

なんでも、日本のメーカーが日本人にあったトレランパックを作ろうというコンセプトでいくつものテストを経て開発されたんだとか。

海外メーカーのものが多いですから、日本人の体型や要望に沿ったフィット感や機能が搭載されていると嬉しいじゃないですか。

というので、これは秋のシーズンにぴったりなんじゃないかと思って手を伸ばしてしまったんですね……。

まずメインの収納は真ん中のジッパーを下げます。

これはレース中でも簡単にアクセスできる工夫なんだとか。

20140830--4

ファスナー付き、マジックテープ付きのグレーで小分けされた収納スペースがある。

ファスナー付きの収納スペースが便利そう。

レース中は使わないけど大事な貴重品はここに入れれば、出し入れの際落とすことは無いし安心かな。

前はこんな感じ。収納スペースがけっこうあります。

20140830--2

でもその前に目につくのは、背中部分の大きなファスナー。

これを開けると、ハイドレーションパックの専用スペースに。

20140830--3

メインの荷室とは完全に分かれている。

これはエイドでハイドレーションの中身を補充するとき、すごく便利ですね。

他の荷物と出し入れが同じ場所だと、ごちゃごちゃするじゃないですか。

私のような収納下手な人間は特にですよ。

これはその心配がない。いいね!

あと肩の部分、生地が厚い。

20140830--5

これはどうだろう、走っているときの肩への負担の軽減に繋がるのでは。

気になる前側の収納部分、けっこう入りますね。

20140830--6

生地に伸縮性があるので、思ったよりも入る。そして深い……。

生地が伸びるので、ペットボトルも入っちゃう。

収納のマチの部分がけっこう深いので、実際にものを入れると「思ったより奥までいくなこれ」ってなります。

そうそう、メインの収納スペースの他に背中には外から簡単に出し入れできるスペースも。

20140830--7

参考に500mlのフラスクを入れてみた

季節によっては、薄手のアウターを入れてもいいかな。

これも生地が伸びるからビヨーンと。活用のしがいがありそう。

7リットルの収納なので長い距離を走る大会には不向きなのかもしれませんが、私のような短い距離のランナーにはピッタリかも。

届いたところでまだこれで走っていないのですがw 活躍しそうなにおいはプンプンします。

まずは今月開催の白馬国際トレイルランで使ってみます。

8月はトレイル一度も走っていないので、今からすごく楽しみです。

*そうそう、取扱店が限られているようなのでこのサイトの一番下でショップリストを確認してください。

※追記 先日RUSH7でトレランしてみました!

一応、楽天さんでも。

THE NORTH FACE「Ultra Trail」

雨に強いトレランシューズのお話。

雨が多い時期ですね、なかなか梅雨が明けません。
シューズに雨が染み込んで来て、靴下が濡れるとそれだけでそれまでの楽しかった時間が台無しになったりしませんか。

20140705_1

そんな私がスポーツショップで見つけたのがTHE NORTH FACEの「Ultra Trail」。
名前からしてウルトラなトレイルをガンガン走って行くためのシューズなのでしょう。私はロングまでしか走ったことがないので、このシューズが果たして相応しいものなのか少し疑問が残ります。

でも履いてみると、悪くないぞ、この履き心地は。

生地にゴアテックスが使われているんだとか

今回こいつを敢えて選んだのにはわけがありまして……。
20140705_2
このモデル、ゴアテックスを搭載したモデルがあるんです。
上の写真にある「ゴアテックスタグ」がついているブラックがそれ。
水溜りのなかを走るときとかどうしても濡れちゃうときは仕方ないけど、多少マシになるんじゃないかなと。

ソールがカッコいい20140705_3

このシューズで一番カッコいいのがソール。
なかなかのインパクト。
ビブラムソールの凹凸がカッコいい。
走っているときは誰からも見られないんだけど、カッコいい。

というわけで、天気がよくなるかもしない日曜日の北丹沢12時間耐久レース(キタタン)はこれで走ってみることにします。

大雨とかにならないといいなぁ。