タグ別アーカイブ: イタリア

ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」を見る

前回のつづき

ミラノは1泊2日の短期滞在だったため、サッカー以外の目当てはレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」に絞り込んだ。
まずはミラノ中央駅の荷物預かり所にトランクを預け、身軽になってから教会へ向かった。

予約が大変

イタリアの観光にあたって、旅行の計画を立てた直後から様々な美術館を予約してきたが、最も大変だったのがこの「最後の晩餐」だった。
見学するのは1グループ単位となっており、30名程度が1つのグループになって一定の時間に見学しなくてはならない。名画をじっくり……などということはゆるされない。時間は激しく限られているのだ。それゆえ、自分の望んでいる時間に予約をすることは難しい。日程が決まったら真っ先に予約すべし
なお、ネットでは予約の代行サービスを行っているサイトもあるが、自分たちで予約することもできる。詳しくはこのブログにかいてあったので割愛する。

141030-01-22

朝日が差し込み、鮮やかなオレンジに染まる教会。

「最後の晩餐」は、ミラノの「サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会」にある。 教会までの道で見かけたカフェに立ち寄り、コーヒーを飲んでから教会へ。現地の人はエスプレッソをサッと立ち飲みしてクールに去っていくが、私はがっつりパンまでいただいた。

141030-01-23

教会の脇に「最後の晩餐」の見学受付がある。自分の予約していたグループの時間を過ぎてしまうとその瞬間アウトなので、時間の少し前には建物のなかで待っているといい。

私の予約していたグループはガイド付きのグループだった。ガイドさんがあれこれ説明してくれるのだが、当然日本語ではない。本当はガイドなしで安く見学できればよかったのだが、そういうグループは予約で埋まっていたのか、無かったのかもしれない。

厳重すぎる体制のなか、いよいよ「最後の晩餐」を見る

「最後の晩餐」という絵はどうも教会の食堂の壁画だったらしい。しかも、壁画には向かない画材で描かれたため、劣化、損傷が激しく、近年になってようやく復元されたのだという(うる覚え)。そんなこともあってか、絵画の鑑賞はとにかく厳重。

グループひとまとまりになって絵画のある場所まで移動するのだが、幾重の自動ドアなどゲートをくぐり、ようやくその絵にたどり着くことができる。

撮影はもちろん、不可。

141030-01-25

撮影不可のためイメージを

鑑賞する時間は全部で15分程度と制限されている。その間、ガイドがひたすら喋り続ける。英語だったかな?思っているよりも説明が鮮明に入ってくるので絵に集中することはできない。もうガイドに身を任せるほかないのだ。
実は食堂には「最後の晩餐」のほかに対面の壁面にも絵が描かれているのだが、そちらは「ちゃんとした画材」で描かれており、見学者の関心は薄い。

限られた時間しか見ることができない、非常に管理された見学だがメリットはある。予約さえできれば他の美術館とは異なり、鑑賞時間は少ない人数で邪魔されることなく集中して鑑賞することができるのは魅力だ。

気がつくと見学時間はあっという間に終わりがきてしまっていて「もうちょっと見てみたいな」とか『ダ・ヴィンチ・コード』は読んでおくべきだったのかな、とか思いながら教会を後にした。

ミラノを去る前に揚げピッツァを食べる

141030-01-26

 

絵画鑑賞を終えてドゥオモの前に戻ってきた。
もうそろそろ次の街へ行かなくてはならない。

でもその前に食べておきたいものがあるのだ。

141030-01-27

ミラノは万博を控えているようで、通りには国旗が並んでいました。日の丸もありましたね。

それが「ルイーニ」の揚げピッツァだ。ドゥオモから歩いてすぐ。お店の前で座り込んで食べている人たちも多いのですぐにわかる。

141030-01-21

外にはたくさん人がいるけど、簡単に買えます。

手のひらサイズで立ち食いできるものだから、気取らず、サクッと食べることができる。あっという間に退店だ。

さて、そろそろ電車の時間が近づいてきた。
ミラノは旅行で一番短時間だったので、まだまだ見る場所はあったと思う。
もし、またイタリア旅行をすることがあれば今度は時間をとって観光してみたい。

イル・ラティーニ @フィレンツェ

前回のつづき

フィレンツェはビステッカというTボーンステーキが有名なんだとか。それを食べるためにやってきたのがイル・ラティーニ。宿泊先のホテルから事前に予約をしてもらい、開店前の少し前にやってくると既にたくさんの人たちが開店を待っていた。
……といってもローマのときとは違い、アジア人が多かった。並んで待つというジャパニーズスタイルではなくて、入り口の周辺に群がっているのはこちらも同じ。こりゃ困ったなぁと思っていたが、予約している旨と名前を告げると簡単に入ることができた。よかった。

141029-01-6

食事のあとお店を出るとアジア人ではなくて欧米人(?)が待っていました。

事前に「量が多い」というのを聞いていたこと。そして前夜に胃を壊して食事がとれなかったという体調面を考慮して、今回はビステッカに絞り込むことに。注文の際、店員が「それくらいがちょうどいい」みたいな反応をしていた。

141029-01-4

各テーブルの上には、大きなハウスワインの瓶(樽のような大きさだ)が置いてあって各自自由に飲むことができる。私も置いてあったのでついつい何杯も飲んでしまったが、それが1杯いくらなのか、定額なのかわからなかった。というのも、隣の韓国人旅行客とそのワインをシェアするようになっていて、どちらが何杯飲んだかなんてカウントのしようがなかったからだ。

ワインで胃を慣らしていると、メインのビステッカがやってきた。

141029-01-5

なかなかの量ではないか。しかし、ウルフギャングなどTボーンの経験を積み上げてきた我々からすると驚くほどの量ではなかった。

「あ、ちょうどいい感じね」というのが正直な感想。でも隣の韓国人カップルは言葉はわからないが「こんなに大きいの全部食べられない〜!」みたいな反応をしていたのでおそらく我々が大食いなだけなのだろう。
味もしっかりしていて美味しかったがもうめちゃくちゃ量が多いのを期待し、具合の悪かった胃袋をこのビステッカのために調整してきた私からすると、ボリューム面では想定の範囲内に収まっており、物足りないところがあった。
隣のテーブルが半分に達するかというところで、我々は完食してしまった。

意外とあっさりしてるじゃないか……などといって夕食の2軒目に突入してしまったわけだが、本来はここでじっくりお肉とワインを味わうべきなんだと思う。そういう意味では我々はもっと強気のステーキをオーダーするべきだったのかもしれない。

この反省を次に生かせる日がやってくるといいな。

Il Latini
Via dei Palchetti, 6R, 50123 Firenze

フィレンツェ 〜ウフィツィ美術館とダビデ像〜

前回のつづき

フィレンツェといえばメディチ家、ルネサンスの街。
この街に訪れたからには訪れたいのがウフィツィ美術館。そしてあの有名なダビデ像があるアカデミア美術館にも行っておきたい。

両美術館とも予約は必須

どちらの美術館も大変混雑しているので予約なしで見学するのは無謀。旅行の計画がたったらすぐにインターネットで予約することがおすすめ。私の場合は宿泊先のホテルを予約したときに、ホテル側から美術館を予約するか?という連絡がありホテルに事前予約してもらった。

141028-01-8

ウフィツィ美術館は世界史勉強していた人にはたまらないだろう。記憶の片隅にあった学生時代の知識が一気に引きずり出されること間違いなしだ。

また世界史に触れたことはなくとも「一度はみたことのある絵」が、けっこう見つかるはず。せっかく予約して入るのだからじっくり見ていくといい。

141028-01-9

有名な絵画の前は大混雑だ。

141028-01-7

あんな絵画や…

 

141028-01-6

こんな絵画も

 

入場の際、気合を入れて「音声ガイド」を借りたのだが、前後に日本人の団体客がいて彼らに挟まれる格好で見ることになったので絵について音声ガイドの出番はあまりなかった。ガイドAとガイドBの説明、そして音声ガイドとなかなかのカオスっぷりとなってしまった。たまたまかもしれないが、アウトレットと比べると日本人が格段に多いのが美術館。反対にアウトレットで躍動していた中国人はあまり見なかった。

141028-01-10

彫刻も豊富

リアルダビデ像は凄かった

ダビデ像のあるアカデミア美術館には、ミケランジェロの作品が多数展示されているが、みどころは「ダビデ像」ただ一つといっていい(おいおい)。
その割に入場料はなかなかなもので、果たしてあの教科書で何度も見ているダビデ像一体にそれだけの価値はあるのかな?なんてことを考えなくもないまま、美術館に向かった。

141028-01-11

ちなみにダビデ像のレプリカは上の写真のように街中に置いてある。

141028-01-16

アカデミア美術館の入り口。予約した人と一般の列がわかりづらかった。

アカデミア美術館では路上でポスターを並べて販売している人たちが目立った。もしもポスターに興味がないようだったら面倒なことを避けるためにもあまり目をやらないほうがいい。

事前に時間を指定して予約をしていたとはいえ、予約した人、そうでない人の待機列がわかりづらく苦労した。チケットの窓口は上の写真と反対側の建物(写真には写っていない)のほうにあって、そこでチケットに変えてから並んだような気がする……(うる覚えだ)。

美術館のなかは彫刻で溢れている。以外と雑な作品(失礼)だなと思っていると、クレジットにミケランジェロの名前もあったりして驚く。ダビデ像が目当てなので周りの作品には軽く目をやりながら(失礼)進んでいくと、見えてくるのである。

141028-01-13

左右の彫刻と比べてほしい、遠くからでもダビデ像のオーラ半端ない。

見えてきた!あれがダビデ像だ。もう遠くから見ただけで他の彫刻とは全然違う。ものすごいオーラが出ているのだ。

「あれがリアルダビデ像……」

141028-01-14

いわゆる教科書に載っているダビデ像はこんなアングルだった気がするんだけど、まずはそのサイズ感に驚かされる。レプリカを街で見ていても「あの馬鹿デカいサイズが本物だったのか」と驚いてしまう。
芸術についてはさっぱりわからないので「すげぇなこれ、すげぇぞ」くらいしか言うことができなかったが、めちゃくちゃ興奮してしまった。これ一つでウフィツィ美術館並みのお金を払ってでも見る価値は……ある。断言する。
ウフィツィ美術館が見れなくても、ダビデ像は見ておけ。

せっかくだから目も見ておこう

せっかくだから目も見ておこう

帰り際に再度、他の彫刻を見て回ったのだがダビデ像を見てしまうと全てが霞んでしまう。

もしまたフィレンツェに行くことがあっても、ダビデ像だけは見ておきたい。それほど衝撃的な作品だった。

LA BUSSOLA @フィレンツェ

前回のつづき
フィレンツェには2泊したが、その短い期間で2度も食事をしてしまったのが
「LA BUSSOLA」というお店だ。

141027-01-18

元々は別の店でランチにピザを食べる予定だったのだが、そこがお休みであれこれ探した結果たどり着いたのだった。

141027-01-19

昼と夜に行ったが、店内はどちらも暗い。

 

141027-01-20

いまいちな写真だが、美味しかったラザニア

このお店は絶対予約しなくてはならないというほど混んでいるわけではないが、味は確かだ。改めて日本人の舌にイタリア料理は合うのだなと感心した。
実は、後日書く「とあるお店」での食事があまりに物足りなくて、ここで「2度目のディナー」をとった。そのくらいここは気に入った。

141029-01-3

これが……

141029-01

こうなる!

ピザもおいしい。上の写真以外にも1枚ピザを食べている。ピザはメニューが豊富で、写真にないピザがお店の一押しっぽいことがメニューに書いてあった。

141029-01-2

パスタも食べた、これもおいしかったなぁ。

 

「ディナーのはしご」をする人がどれくらいいるだろうか。私はフィレンツェがはじめてだったし、これが最後であってほしいと思う。お酒ではなく食事目当てで2軒目でピザやパスタを頼むのだ。
「ありえない!」と思うだろう。でもそんなありえないことも「今しかできない」と思って楽しめるのが旅行の良さだ。実は前の晩に胃腸の具合が悪く、夜ご飯をほとんど食べることができなかった。「はしご」はその反動ともいえる。

イタリアは食べ物がおいしいので胃腸を壊しやすい。せっかくの食事が楽しめなくなっては旅行の楽しさの半分を失ったといってもいい。胃薬はマストアイテムだ。

LA BUSSOLA
Via Porta Rossa, 58/R Firenze

イタリア旅行のつづきへ

フィレンツェ その1

前回のつづき

ローマで2泊したあと、向かったのはフィレンツェ。
交通手段は、我々日本人にも馴染み深い鉄道。
イタリアの鉄道で便利だと思ったのは、ウェブサイトから電車が予約できること。
日本のJRよりも簡単に、外国人でも予約できてしまう。
しかも切符などの発見はなかったはず、プリントアウトした紙でOK。
日本政府は訪日外国人を増やしたいという話を聞くが、鉄道の予約がネットからもスムーズにできるようになればいいと思うのだが……。

ネット予約で座席が指定できるが、座席は横並びでとるのではなく、窓側で向かい合うように取ったほうがいい。

141027-01-12

座席については事前にネットで調べると、ランクの高い席のほうが安全、安い席は汚いという話だったが、私の乗った安い席はそんなこともなく快適でうとうとしているうちにフィレンツェに到着した。

141027-01-13

駅に到着。日本と違ったフラットなつくりだ。

かつて「冷静と情熱のあいだ」という小説を読んだことがあったので、フィレンツェといえば「ドゥオモ」というイメージだった。

さぞ迫力があるのだろうと思っていたのだが、実際見てみるとその大きさに驚く。

141027-01-14

ドゥオモ。

ジョットの鐘塔、そして写真左手奥のドーム状のクーポラと見所満載だ。

早速観光といきたいところだが、ジャブ程度にジェラートを。

141027-01-15

観光のおばちゃん集団とともに

141027-01-16

ピスタチオ味ばかり食べていた気が……

141027-01-17

この街は革製品とイノシシが有名らしい

ジェラートを食べた直後、時計をみるとお昼に。
お腹がすくのも納得だ。観光は一旦置いておいて、昼食をとることにした。

つづく

DA FRANCESCO @ローマ

前回のつづき

ローマ市内を散策し、すっかり陽が暮れた頃、ようやく目的地のレストランに到着。

事前予約は必須

141027-01-6

「かなり歩いたな、お腹もいい感じに空いてきたぜ」
がっつり食べる気満々でお店を見ると……

141027-01-7

なんということでしょう、開店前だというのに入り口には人だかりが。

日本人なら大人しく並んでいると思うのですが、列形成の予感はゼロ。
出国前にネットで予約済みのはずだが、果たして予約は取れているのだろうか。
前夜の苦々しい経験を思い出し不安になる。

ドアがあるくと、我よ我よと中へ入っていく。
人だかりを遠くから眺めていたが、このままではいつまでたっても入れそうにない。
意を決して人だかりを分け入って「予約してんだけど」と説明するとサクッと入ることができた。

ちゃんと予約を確認して入れてくれたのかはわからない。
でも旅行の日程が決まっているなら予約したほうがいい。

141027-01-8

いろいろ心配だったが、無事食事にありつくことができてほっと一息。ワインも進む。

この日は前菜2品、パスタ2品、そしてピザ1枚というヘヴィーゲージなオーダー。

141027-01-10

このシンプルなトマトソースのパスタも美味しい。
これはアタリだな!とはしゃいでいたところで革命が起きた。

食べておきたい「白トリュフのパスタ」

イタリアにはこんな料理があるのか、と衝撃を受けたのが「白トリュフ」

その白トリュフをふんだんにパスタに乗せたのがこちら。

141027-01-9

白トリュフのパスタ……まさかこの歳になって「こんなおいしい料理があるんなんて!」と震えるとは思わなかった。

日本で白トリュフをどれくらい食べられるのかわからないけど、これはやばい。
値段は他のパスタ数皿分するが、食べて損はない。本当においしい。
あまりに美味しくて、隣のテーブルのアメリカからきた夫婦に執拗に勧めてしまったほどだ。
ちなみに写真では伝わりづらいが、ボリュームもなかなか。
写真右端のフォークからサイズ感を想像してほしい。二人でシェアして食べても十分すぎる。

白トリュフはいつも食べられる食材というわけではないので、訪問時期には注意したいところ。

141027-01-11

親分クラスのパスタが出たあとですが、シンプルなピザも美味しかった。
ローマはピザも安定して美味しい。

実に幸せなディナーだった。
ローマに短期で行くとしたら、ピンポイントでこのレストランを選ぶだろう。
白トリュフのある時期に。

DA FRANCESCO
Piazza del Fico, 2900186 Rome

※ローマ編はこれでおしまい、次はフィレンツェです。

ローマ 4(市内散策)

前回のつづき

ローマ2日目の午後は、市内の様々な場所を散策した。

日本食や様々な雑貨を販売しているショップにもいったし、ジェラートは3軒くらい食べ歩きした。

歩いた区間もあれば、地下鉄でサクッと移動したところもある。

141026-01-15 141026-01-16

ブラブラ歩いたなかで最も立ち寄ったのが教会だ。

とても古めかしい外観や小さな教会の入り口だなと思って中に入ると、ファンタジーの世界が広がっている。

外見以上に天井は高く、奥行きがある。

一体どうなっているんだ、と。小さなドアに騙されてはいけない。

141026-01-17 141026-01-18 141026-01-19 141026-01-20 141026-01-21 141026-01-22 141026-01-23 141027-01 141027-01-2

あれこれ回っていると、あのローマの休日でおなじみのスペイン広場に到着。

ここでは飲食が禁止されているらしいが、けっこう食べている人がいた。

これだけ集まれば、取り締まることもできないのだろう。

141027-01-3

スペイン広場の階段から。人が多くて「ローマの休日」感はないかも。

夕食のレストランも予約しているのだが、どうしてもお腹がすいたので「シャンピーニ(Ciampini)」へ。

141027-01-4 141027-01-5

タルトゥーフォが有名だというのでカプチーノとともにいただく。

またしても、これまで食べたことのない味。

食べ物は日本が世界一だと思っていたけど、イタリアの食事に2日目にして完全にやられてしまった。

日が暮れて、夕食の時間が近づいてきた。

次は「生きているうちにまた食べたいランキング1位」となった食事のお話を。

200 Gradi @ローマ

前回のつづき

お昼の時間。

バチカン美術館のそばのパニーニのお店へ。

ちょうど法王のお話のあとだったこともあるのか、お店の外まで列が並んでいるではないか。

テイクアウトも並ぶ必要があったので、メニューを見てみるがいまいちわからず。

141026-01-13

オーダー後さっと作ってくれる。待ち時間は短い。

 

なんとなく美味しそうな雰囲気なパニーニをオーダー。

141026-01-14

 

お店から出てすぐの広場で食べることに。

驚かされるのは野菜のボリューム。かなりしっかりしていることが上の写真でもわかるだろう。

パニーニの記事はサクサク、野菜はシャキシャキ。なんとも歯ごたえがいい。

そしてボリューム。これも安心だ。これだけでお腹いっぱいになる。

こういった軽い食事もおいしい。

食は東京が1番と思っていたが、イタリアでの食事は一つひとつが衝撃的だった。

*200 Gradi
Piazza del Risorgimento, 3, 00192 Roma

ローマ 3 (バチカン)

前回のつづき

ローマ2日目。朝からバチカン市国へ行く。

昔学校の授業で「世界で一番小さい国」だと学んだ、ヴァチカン市国。

ホテルからバスで1本。終点から歩いて5分くらいだろうか。

141026-01-8

 

気がついたらサン・ピエトロ広場。入国していたっぽい。

この日はシスティナ礼拝堂が入場無料で観れる日(毎月最終日曜?)だったので、最優先で向かう予定だった。

上の写真右奥に見事な行列があった。

「これが入り口か、かなり並んでいるではないか。やはり人気だな」

何一つ疑うことなく待機列へ。並ぶのには慣れている。

141026-01-9

 

列は進み、気がつくと礼拝堂のなかへ。あまりの人で身動きができない。

さて、システィナ礼拝堂へ行かなくてはならないのだが、と係の人に尋ねる。

そこで衝撃の事実を知る。

システィナ礼拝堂につながっているバチカン美術館の入り口はサン・ピエトロ広場の外にあるという。

やっちまった!

ガイドブックをちゃんと読んでおけば間違えることはないイージーミスではないか。

間違えただけならすぐに外に出て正しい列に並べばいい。

だが、この日の美術館の開園時間は午前のみ。時計は既に11時になろうとしている。

急いで大聖堂の外に出て、バチカン美術館の列を探す。

広場から出て、列はすぐに見つかった。それくらい長い待機列だったのだ。

列の脇には「金を払えば並ばずに入れるぞ」と呼び込む男達がたくさんいる。

列はなかなか進まない。とてもじゃないが時間内に美術館に入れそうもない。

最後まで諦めずに並んでみてもよかったのだが、諦めてサン・ピエトロ広場へ戻ることにした。

システィーナ礼拝堂は再びこの地を訪れたときの楽しみにとっておこう。前向きな撤退だ。

141026-01-10

広場に戻ると、さっきまでの広大なスペースが嘘のように人々で埋め尽くされている。

なんでもお昼になるとローマ法王がお話をするんだとか。

キリスト教徒ではないが、ローマ法王を見ることなんてローマにいなければなかなか無い機会だ。

少し前に現法王フランチェスコが就任後世界中で歴代法王よりも世界中で意欲的に活動していたり、バチカンの腐敗と戦っているというのを知って興味をもっていたのだ。せっかくだから見てみよう。

多くのキリスト教徒たちと法王の出現を待つ。会場には様々な国旗やメッセージの書かれた横断幕が並ぶ。

騒がしかった広場が法王の登場で一気に静まる。

141026-01-11

 

簡単なお話なのかと思ったが、けっこう長い時間法王は話をしていた。

何をしゃべっているのか何一つわからなかったが、宗教的な現場に立ち会うことができただけで満足だった。

法王のお話が終わると、広場から人々が一斉に去っていく。

お昼ごはんの時間だ。

141026-01-12

バチカンの制服、ユニーク。

つづく

ロッショーリ @ローマ

前回のつづき

141026-01-4

お腹が空いた……ローマの街並みをかなり歩いた気がする。ようやくごはんだ。

イタリア最初の夜ごはんは、ローマの「Roscioli」。

ロッショーリとガイドブックなどでは書いてあるけど、ホテルの人は違った読み方をしていたなぁ。

141026-01-5

ネットで予約し、当日ホテルで電話をしてもらった確認をしてもらったのに、時間にいったら「予約入ってねぇよ」と言われて「はぁ?」と。

不機嫌な顔が効いたのか「1時間だったら大丈夫だ」みたいなことを言われて「なんだかなぁ」と愚痴をこぼしながら入店。

ちなみに旅行の前にいろいろなお店に事前予約をしていたけど、ダメだったのはこの店だけ。

あとでネットで調べたら、この店のサービスに関してはボロクソ書いてあるのが散見されるのでそういう店なのだろう。

 

この店は旅行へ行く前に「モヤモヤさまぁ〜ず2」でも取り上げられていたので事前の予習はできていた。

時間も限られていたので、さっと注文してサクッと食べることに。

141026-01-6

これはブッラータというチーズ(なのかな?)

袋のなかにチーズが詰まっていて、それとドライトマトを一緒に食べる。はじめて食べる料理。

日本ではなかなか食べることがなさそうだ。

そしてこの店がなぜ有名なのかというと、さまぁ〜ずも食べていた「カルボナーラ」にある。

なんでも一番美味しいカルボナーラなんだとか。

それがこちらだ。

141026-01-7

 

カルボナーラといえば学生時代、早稲田の「エルムで食べていた「カルボナーラ」を真っ先に思い浮かべてしまうのは早大生なら仕方のないこと。

だがこれが本場イタリアのカルボナーラ、エルムと全然違うじゃないか。共通していることといえば卵を使っていることくらいだ。

エルムでカルボナーラを知り、社会に出てエルムのカルボがカルボとは非なることを知った私が、ついに本場のカルボを食べる。

その味は、日本で食べたカルボナーラ(notエルム)とも違う味だ。

「なんだこれ……美味しいけどさ、カルボじゃないぞ」

そして後味が……しょっぱい。

美味しいけど、後味が来る。なんでこんなにしょっぱいんだ。

イタリア人は塩っけのある味付けが好きなのだろう、イタリア初日そう解釈したのだが、これほどしょっぱい味のパスタを食べたのは後から振り返ってみると、この店だけだった。

こういう風に書いてしまうと、なんだかおすすめしていないような内容になってしまうが、ちょっと違う。

これが現地で高い評価を受けている、本場のカルボナーラなのだ。

日本ではこの味は食べられないと思う。ローマに観光にいったら一度は食べて損はしない。

「エルムとは違うのだよ、エルムとは!」などと呪文を唱えながら食べるのもまたよいではないか。

そういう思い出づくり的な意味合いでも、個人的にはおすすめしたいお店。

ただし、サービスには目を瞑るように。

*ロッショーリ(Roscioli
Via dei Giubbonari, 21/22, 00186 Roma

つづく